株式会社リサイズオフィシャルサイト

Let's RESIZE!クルマ屋さんのお店作りのお手伝い

稼ぐ

会社の利益を上げるため?いやいや、自分の守るもののため。そのために手段として働く。

誰にだって平等なのは時間。ではその時間をどのように    使えばいいだろう?    

平等

商売

人が人である以上、人を対象に商売をする。集客、さぁどうしよう。

工場からお店になろう株式会社 リサイズ

  クルマのハイテク化に伴い、たくさんの知識や技術・設備投資を求められる町のクルマ屋さん。未来に進めば必ず明るい訳でもなく、しかし止まれば衰退。本当に大変な商売ですね。お客さまとの出会いを大切につないでいくこと、実は遠回りのようでこれが近道なのかもしれません。さぁ「ちょっとい感じ」といわれるお店作り、リサイズと一緒に考えて行きませんか?

リサイズならではの違い

町のクルマ屋さんを利用しない理由があるからお客さまは増えない。では利用しない理由を丁寧に解決すれば、答えは「利用する」になるかもしれない。そこでリサイズは…

  • ディーラーじゃなくてもいいというモニターさんに協力依頼
  • - 01 - ネットによる工場写真確認で感じたこと
  • - 02 - 実際に電話問い合わせをして感じたこと
  • - 03 - 実際に訪問して感じたこと

このような独自調査を重ね、3つのサービス として提供しております。

お店運営を学ぶ

サービス名:1.プライマリースクールPRIMARY-SCHOOL

様々な考え方はあるかもしれないが、工場からお店へ変わるための順番はきっとある。業界活動30年を超える感性と、モニターの声を融合することで見えてくるクルマ屋さんの店舗運営。会社を継いだ経営者さまからスタッフさんに至るまで、ぜひ一度、お聞きいただければと思います。

お店の情報発信

サービス名:2.オフィシャルサイトOFFICIAL-SITE

クルマ屋さんのホームページを開いた瞬間、すぐに閉じられてしまっている現実をご存知ですか。独りよがりの情報発信ではなく、見る人の知りたいことを想像して情報発信すること、見た人にどうしてもらいたいのかを明確にすること、全ては起承転結で情報発信することが大切です。

お店作り

サービス名:3.各種デザインDESIGN

見た目を整えていくと不思議なものでテンションが上がります。これがデザインの「チカラ」。そのスタッフの明るい雰囲気はお店を利用するお客さまに必ず伝わります。オススメは「似顔絵名刺」で、目に見えないサービスの販売はスタッフの自己紹介からはじまります。

CT0001ロゴデザイン

デザイン料31,460円〜

CT0002似顔絵デザイン

デザイン料13,200円〜

CT0003名刺デザイン

デザイン料12,100円〜

CT0007看板デザイン

デザイン料48,400円〜

CT0006ポスターデザイン

デザイン料14,520円〜

CT0008のぼりデザイン

デザイン料9,680円〜

CT0004はがきデザイン

デザイン料14,520円〜

CT0005ちらしデザイン

デザイン料38,720円〜

CT0010帳票デザイン

デザイン料14,529円〜

CT0011封筒デザイン

デザイン料14,520円〜

CT0012カードデザイン

デザイン料29,040円〜

CT0014キーホルダーデザイン

デザイン料16,940円〜

CT0015カッティングデザイン

デザイン料9,680円〜

CT0017うちわデザイン

デザイン料48,400円〜

CT0019カレンダーデザイン

デザイン料19,360円〜

What we are aiming for ...リサイズのスタッフもみんな「カーユーザー」そんな私たちが利用したいと思う町のクルマ屋さんをイメージしています。

お客さまに大切なお知らせ

上記ボタンの「お客さまログイン」でご利用いただきました掲示板はまもなく利用終了となります。今後は情報連携の速度と利便性向上を目的に、ライン公式アカウントに切り替えを実施します。お客さまにおかれましては、お手数ですが「友だち追加」をお願いします。

友だち追加
ガレージマーケット

気まぐれ情報発信中

クルマ屋さんが設備投資した機器をどのようにお客様に提案するかや、リサイズが勝手に面白いと思った設備・店舗運営などの紹介を手が空いたときに情報発信いたします。

File no. 001

この記事を読む

official-site SS user

タイトル:経営環境と地球環境、2つの環境問題を解決します。

MEF工法|PRG(パネルリペアガイダンス)

掲載理由は、昭和を駆け抜けた社長さんの話は本当に面白く「どうすれば直せる」といった知恵と工夫に溢れている点です。もう会社は息子にまかせて、今までの経験や知識から、工賃アップ・作業時間短縮・地球環境問題を解決するツール、バックパネル修正機を作っちゃった・・・こりゃすごい!

© 2022 Designed by Taro Hanase.